コンフォティスの安全性 | スポットタイプが苦手な犬に!コンフォティスで隅々までノミダニ予防
沢山のカプセル錠

コンフォティスの安全性

非常に頼りになる犬のノミダニ駆除薬であるコンフォティスですが、内服薬となるとやはり安全性が気になってきてしまいますよね。
どれだけノミやマダニに対して効果が高いのだとしても、安全性がはっきりしていなければ、安心して使うことはできません。
特に、スピノサドという成分についてあまり知らない状態では、投与しても犬に害はないのかどうか心配になってしまう人もいるのではないでしょうか。

コンフォティスに含まれているスピノサドは、既に説明しているようにノミやマダニの神経系に作用することで駆除効果を発揮します。
この部分だけ聞くと危ない成分のように聞こえますし、犬や猫といったペットにも影響がありそうで不安になってしまいますよね。
しかし、スピノサドがこういった効果を発揮するのはノミやマダニに対してだけで、犬にはほとんど影響を与えることがありません。
スピノサド自体にこういった特徴があるため、コンフォティスはノミやマダニのみを的確に駆除できる安全性が高いノミダニ駆除薬になっています。

何故、犬や猫にはほとんど影響を与えずにノミやマダニのみを駆除できるのか、気になる人もいることでしょう。
スピノサドはノミやマダニの体内にあるニコチン性アセチルコリン受容体という部分を活性化させるのですが、哺乳類のニコチン性アセチルコリン受容体には親和性が低くなっています。
効果だけでなく安全性も高いといえるコンフォティス、惹かれるものを感じるという人は、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。